Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。


    バルサのデンベレが長期離脱決定 左大腿二頭筋の腱断裂で全治3カ月半~4カ月と発表 



    フットボールゾーンウェブ
    Football ZONE web
    第4節のヘタフェ戦で左ハムストリングを痛めて前半29分に負傷交代

     

     バルセロナのフランス代表MFウスマン・デンベレは、16日に行われた第4節の敵地ヘタフェ戦(2-1)で左ハムストリングを痛めて前半29分に負傷交代した。試合後、エルネスト・バルベルデ監督は筋肉系のトラブルであることを明かしていたが、最悪の結果を迎えてしまったようだ。バルサは公式サイトで全治3カ月半~4カ月であることを発表している。

     

     デンベレは今夏、移籍金1億500万ユーロ(約136億円)+ボーナスでドルトムントから加入。パリ・サンジェルマンが期限付き移籍のFWキリアン・ムバッペの1億8000万ユーロ(約236億円)の買い取りオプションを行使するまでは、史上第2位の移籍金という高額で新天地に渡った。

     

     第3節の本拠地エスパニョール戦でリーグ戦デビューを飾り、続くヘタフェ戦では初の先発出場を飾ったものの、前半29分に左ハムストリングを痛めるアクシデントに見舞われてしまった。指揮官は17日に詳しい検査を行うと話していたが、同日にクラブ公式サイトで発表された検査結果は深刻なものだった。

     

    「検査の結果、ウスマン・デンベレは左太腿の大腿二頭筋の腱の切断が認められた。来週、フィンランドのサカリ・オラバ医師のもと、手術を受けることになる。完治までの離脱期間は、約3カ月半から4カ月と見られている」

     

     ネイマールの後釜とまで期待された逸材が、開幕わずか4試合で年内復帰絶望の重傷を負うとは、バルサにとっては痛恨の事態だろう。順調に回復したとすれば、復帰時期は来年1月~2月頃。20歳のアタッカーには、さらに強くなって戻ってくることが望まれる。

     

    【了】

     

    フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

     

    ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

     



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【バルサのデンベレが長期離脱決定 左大腿二頭筋の腱断裂で全治3カ月半~4カ月と発表】の続きを読む


    ディバラが早くも今季2度目のハット! ユーヴェ、3発快勝で開幕4連勝 



    ディバラのゴールを祝福するユヴェントスの選手たち [写真]=Juventus FC via Getty Images
    サッカーキング

     セリエA第4節が17日に行われ、サッスオーロとユヴェントスが対戦した。

     開幕4連勝を狙うユヴェントスは16分、左サイドの裏に抜け出したマリオ・マンジュキッチが鋭いボールをペナルティエリア手前に送ると、走り込んだパウロ・ディバラが左足ダイレクトで狙う。このシュートがゴール右隅に吸い込まれ、ユヴェントスが先制した。

     後半立ち上がりの49分、ユヴェントスはフアン・クアドラードからの折り返しを受けたディバラがエリア内右から左足のシュートでニアサイドを抜き、追加点を奪った。

     直後の51分、サッスオーロは一瞬の隙からポリターノのゴールで1点を返す。しかし63分にはエリア手前右からのFKをディバラが鮮やかに沈め、ハットトリックを達成。ユヴェントスが再びリードを2点に広げた。

     試合はこのままタイムアップを迎え、ユヴェントスが3-1と快勝。開幕4連勝を飾った。

     次節、サッスオーロは20日にアウェイでカリアリと、ユヴェントスは同日にホームでフィオレンティーナと対戦する。

    【スコア】
    サッスオーロ 1-3 ユヴェントス

    【得点者】
    0-1 16分 パウロ・ディバラ(ユヴェントス)
    0-2 49分 パウロ・ディバラ(ユヴェントス)
    1-2 51分 マッテオ・ポリターノ(サッスオーロ)
    1-3 63分 パウロ・ディバラ(ユヴェントス)



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【ディバラが早くも今季2度目のハット! ユーヴェ、3発快勝で開幕4連勝】の続きを読む


    コンテ監督、バカヨコにカンテの影を重ね合せる「理想に近い選手」 



    チェルシーでプレーするバカヨコ [写真]=AMA/Getty Images
    サッカーキング

     アントニオ・コンテ監督が、今夏チェルシーに加入したフランス代表MFティエムエ・バカヨコについて語っている。

     昨シーズンにリーグ・アンで32試合出場2ゴールをマークしたバカヨコは、モナコのリーグ優勝に大きく貢献した。チェルシーでは、同じくボランチでコンビを組むフランス代表MFエンゴロ・カンテとともに、中盤で大きな戦力となっている。指揮官は現在のパフォーマンスに満足しつつも、まだまだ成長すると考えているようだ。

     チェルシーの公式ホームページ上でコンテ監督は「彼はいい選手だが、まだ23歳と若い。戦術面でもフィジカル面でも改善の余地はあるけど、だんだんチームに馴染んで来ている。チームのスタイルを理解するために、もう少し時間が必要だ。MFは難しいポジションだしね。これからレギュラーで活躍したいのならば、私たちの戦術を深く知らなければいけないよ」と厳しい目で希望を語った。

     続いて「高いフィジカル能力が要求されるイングランドでは、チームにパワフルな選手が必要なんだ。そうでなければ成功を収めることができない。確信を持って言えるね。私たちのサッカーを具現化するためにバカヨコは理想的な選手だ。ただ、攻撃面では努力を積んでいる途中。カンテと似ているかもね。彼も加入当初は守備で違いを見せていたけど、今は攻撃面でも素晴らしい。バカヨコにも同じ道を歩んで欲しいんだ」とチームの主力選手と対比している。

     最後に「昨シーズンから、カンテの攻撃力を強化できると話してきた。彼は自分の弱点と向き合って、成長のために努力を続けた。どんな時でも完璧で一流の選手なんだよ。攻撃の正解を導き始めている。バカヨコもカンテと同じレベルに行けるはずだ。今でも力強い守備には全幅の信頼を置いてるよ」と述べた。

     チェルシーは17日にアーセナルとプレミアリーグ第5節を戦う。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【コンテ監督、バカヨコにカンテの影を重ね合せる「理想に近い選手」】の続きを読む

    このページのトップヘ