Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。


    マンUと正式契約を結び、トレーニングに合流したルカク [写真]=Man Utd via Getty Images
    サッカーキング

     マンチェスター・Uは10日、エヴァートンからの獲得がすでに決まっているベルギー代表FWロメル・ルカクと5年契約を締結したことを発表した。

     ルカクについては8日、エヴァートンとの移籍合意がすでに発表。メディカルチェックとルカク本人との調整が完了次第、正式にサインが行われると伝えられていた。

     今回の発表によると、マンチェスター・Uとルカクは5年契約を締結。1年の契約延長オプションも盛り込まれているという。同選手はプレシーズンのトレーニングでロサンゼルスに滞在中のチームに合流し、新天地での活動をスタートする。

     マンチェスター・Uとの正式契約締結にあたり、ルカクは「まず、素晴らしい4シーズンを過ごせたことを、エヴァートンとファンに感謝したい。大事な友人もできたし、素晴らしい瞬間を共有することができたからね。それでも、マンチェスター・Uやジョゼ・モウリーニョ監督が連絡をくれれば、それは人生で一度しかない機会だ。断ることはできないよ」とコメント。「昨シーズンのヨーロッパリーグ決勝では、闘志や勝利への決意、スピリットを見ることができた。そして自分もその一員に加わりたい。チームで最初のトレーニングセッションを楽しみにしているよ」と抱負を語っている。

     イギリス各メディアによると、マンチェスター・Uは7500万ポンド(約110億円)のオファーを提示してルカク獲得に成功したと見られている。チェルシーらとの争奪戦を制し、大型移籍を実現させた。

     ルカクは1993年生まれの24歳。2011年にチェルシーに加入した後、ウェスト・ブロムウィッチへのレンタル移籍を経て2013年にエヴァートンへ移籍した。1年目はレンタル移籍でのプレーだったが、翌2014年夏に完全移籍へ移行。2015-16シーズンからの2年間でプレミアリーグ通算43ゴールを挙げる活躍を見せ、複数のビッグクラブが動向に注目していると報じられていた。



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【マンUが発表、ルカクと5年契約締結「人生で一度しかない機会」】の続きを読む


    古巣への復帰を望んでいるD・コスタ [写真]=Getty Images
    サッカーキング

     今夏チェルシー退団が噂されているスペイン代表FWジエゴ・コスタは、アトレティコ・マドリードに移籍できるようにプレッシャーをかけているようだ。10日付のイギリス紙『デイリースター』が伝えている。

     D・コスタは昨シーズン、チェルシーのトップスコアラーとしてプレミアリーグ制覇に貢献したものの、アントニオ・コンテ監督の構想外となっていることが明らかになっている。そこで、同選手は古巣のアトレティコ・マドリード復帰を望んでいる。

     しかし、アトレティコ・マドリードは18歳以下の選手に関する登録違反により、今夏の移籍市場で補強禁止処分を科されている。そして、処分期間中に獲得した選手の登録は来年1月まで待たなければならないことが問題になっている。それでも、D・コスタは古巣復帰を望んでいるようだ。

     一方の、アトレティコ・マドリードはD・コスタ獲得を望んでいるものの、移籍金額が高いことに難色を示している。チェルシーは、これまで8000万ポンド(約113億円)に設定していた売却額を5000万ポンド(約70億円)まで引き下げたことが明らかとなっていた。

     しかし、それでもなかなか成立しないことでD・コスタは、プレシーズンのトレーニングに参加しないことを決めた模様。これにより、チェルシーがさらに同選手の放出に応じるようにさせたいようだ。そこで現在は、同選手の価値を下回る2650万ポンド(約39億円)で交渉しているのではないかと報じられている。



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【D・コスタ、チェルシーには合流せず…古巣アトレティコ復帰を熱望】の続きを読む


    マンUで再び再会することとなった [写真]=Getty Images
    サッカーキング

     ビッグクラブから狙われていたベルギー代表FWロメル・ルカク。マンチェスター・Uがエヴァートンとの合意に達したと公式に発表し、移籍成立は秒読み段階にある。

     もともとルカクはチェルシーが若くに引き抜いた選手だったが、2014-15シーズンにエヴァートンへ完全移籍で放出。その後の活躍を受けて、チェルシーは再獲得を狙っていたものの、それは失敗に終わった形だ。

     ルカクを放出した当時チェルシーを率いていたのは、現在マンチェスター・Uの監督であるジョゼ・モウリーニョだ。なんとも皮肉な巡り合わせとなった。

     そのルカクとモウリーニョについて、英国メディア『テレグラフ』が昨年4月に気になる記事を配信していた。

     実はチェルシーはエヴァートンにルカクを売却する際、買戻し条項を契約に盛り込もうとしていた。移籍金が高額になることで期待値が跳ね上がることを憂慮したルカク側もそれを望んでいたそう。

     だが、当時の指揮官モウリーニョは、ルカクが2、3年以内に買戻しを考慮するようなレベルに達することはないと確信していたという。

     そして、当時のチェルシーはモウリーニョに長期間チームを託すつもりだった。そのため、指揮官の支持のないままに、買戻し条項を無理に付帯させようとすることは無益だと感じ、可能な限りの前払い金を確保するほうを選んだとのこと(買戻し条項をつけない代わりに、移籍金を多く得た)。

     結果的に、この判断は完全に裏目に出た。すでに1年前の時点で、チェルシーの首脳部は買戻し条項をつけなかったことを今更ながら後悔していたそうだ。

     当時のモウリーニョはさほどルカクを評価していなかったのは周知の事実。彼のアドバイスに従ったことで、チェルシーはルカクをマンチェスター・Uに奪われてしまうことになったようだ。

    (記事提供/Qoly)



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【明かされるルカク獲得の裏側…マンU移籍は現指揮官モウリーニョの“失態”のおかげだった】の続きを読む

    このページのトップヘ