Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。


    ウルグアイが南米予選2位浮上…敵地でパラグアイ撃破、5戦ぶり勝利 | ニコニコニュース



    敵地でパラグアイを破ったウルグアイの選手たち [写真]=Getty Images
    サッカーキング

     2018 FIFAワールドカップ ロシア 南米予選第16節が5日に各地で行われ、パラグアイ代表とウルグアイ代表が対戦した。

     大混戦のW杯南米予選にあって、4試合連続勝ちなしと足踏みが続いているウルグアイ。3位で迎えた今節、先発メンバーにはディエゴ・ゴディンやルイス・スアレス、エディンソン・カバーニらが名を連ねた。

     試合はスコアレスのまま推移し、75分を経過。拮抗した展開となった。均衡を破ったのはアウェイのウルグアイ。ペナルティーエリア手前で相手のクリアボールに反応したフェデリコ・バルベルデが、バウンドするボールに合わせて思い切りよく右足を振り抜く。相手DFに当たってコースが変わったシュートが、ゴール右隅へ吸い込まれた。

     先制に成功したウルグアイは80分、スルーパスに抜け出したスアレスがペナルティーエリア右側で相手GKをかわし、ボールを止めてから右足シュート。クロスバーを弾いた跳ね返りがグスタボ・ゴメスの胸に当たってゴールへ転がり込み、スコアは2-0となった。

     2点ビハインドを負ったパラグアイは86分、右CKをペナルティーエリア左手前から折り返し、最後はファーサイドに詰めていたアンヘル・ロメロが押し込んで1点差に。しかし、反撃は1点止まりだった。

     試合は2-1で終了。ウルグアイが5試合ぶりの勝利を収め、勝ち点を「27」に伸ばして2位に浮上した。次節は10月5日、ベネズエラ代表をホームに迎える。一方のパラグアイは次節、同日にコロンビア代表とのアウェイゲームを控えている。

    【スコア】
    パラグアイ代表 1-2 ウルグアイ代表

    【得点者】
    0-1 76分 フェデリコ・バルベルデ(ウルグアイ代表)
    0-2 80分 オウンゴール(グスタボ・ゴメス、パラグアイ代表)
    1-2 88分 アンヘル・ロメロ(パラグアイ代表)



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【ウルグアイが南米予選2位浮上…敵地でパラグアイ撃破、5戦ぶり勝利 | ニコニコニュース】の続きを読む


    ロナウジーニョ、“後輩”コウチーニョの全力プレーを保証「全てを捧げるだろう」 | ニコニコニュース



    コウチーニョについて言及したロナウジーニョ [写真]=Getty Images
    サッカーキング

     元ブラジル代表FWロナウジーニョが、リヴァプールの同国代表MFフィリペ・コウチーニョについて言及した。5日付のイギリス紙『デイリー・ミラー』が報じている。

     今夏、バルセロナへの加入を熱望していたとされるコウチーニョ。しかし、同選手の所属先であるリヴァプールが、バルセロナから複数回にわたって届いたオファーをすべて拒否したことで移籍は実現しなかった。コウチーニョはリヴァプールの一連の対応に不満を抱いているとされ、今後のモチベーション低下が懸念されている。

     しかし、バルセロナのアンバサダーを務めるロナウジーニョは、同胞の後輩MFについて何も心配していないようだ。「今シーズン、ファンはリヴァプールのために全てを捧げるコウチーニョの姿を見ることになるだろう」とコメントし、今回の移籍騒動に影響されることなく、リヴァプールに全力を捧げるとの見解を示している。

     続けて、ロナウジーニョは「彼はそういう人間だし、ワールドカップの直前にプレーを拒否する選手なんているわけがない」と語り、来夏ロシアで開催されるワールドカップ本大会が選手にとって良い目標になるとの考えを明らかにした。

     ただし、将来的にはバルセロナで活躍するコウチーニョの姿を見たいという本音ものぞかせたロナウジーニョ。「バルサでプレーすることは選手たちにとっての夢だし、彼はがっかりしているだろう。それでもチャンスはまた来る。移籍金がいくら必要かバルサは分かったはずだから、彼らは再びチャレンジするだろう」と語り、古巣の再チャレンジに期待を寄せているようだ。

    (記事/Footmedia)



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【ロナウジーニョ、“後輩”コウチーニョの全力プレーを保証「全てを捧げるだろう」 | ニコニコニュース】の続きを読む


    イタリア代表初選出のミランDFコンティが負傷…改善点についてもコメント | ニコニコニュース



    イタリア代表初出場を果たしたコンティ(写真手前側)は、負傷を抱えてチームに戻ることとなった [写真]=Getty Images
    サッカーキング

     2018年 FIFAワールドカップ ロシア 欧州予選が5日に行われ、グループGのイタリア代表は本拠地のレッジョ・エミーリアでイスラエル代表と対戦し、1-0と辛勝を収めた。

     同試合でイタリア代表として初出場を果たしたものの、ケガのため前半限りでピッチを退いたミランに所属するDFアンドレア・コンティが試合後にイタリアメディア『Rai』のインタビューに応えた。

     「監督にチャンスが与えられ、とても嬉しく思う。今は出来る限り早くケガを治したい。恐らく捻挫だと思う。足首をひねってしまい、すぐに腫れてしまった」とコンティは語り、負傷したことを打ち明けている。そして、試合については「スペイン代表との対戦とはいえ、惨敗してしまったね。でも、僕らは落ち着いて次の試合への切り替えをした。イスラエル代表を相手に十分な準備ができていた」とコメントした。

     また、コンティは自身のプレーについて「(ジャンピエロ・)ヴェントゥーラ監督は、相手のサイドアタッカーを切り離させるために、サイドバックが常にかなり高い位置にいることを望んでいる。タイミングを逸していたこともあったから、この点については改善が必要だ」と話し、反省点を口にした。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【イタリア代表初選出のミランDFコンティが負傷…改善点についてもコメント | ニコニコニュース】の続きを読む

    このページのトップヘ