Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。



    (出典 pbs.twimg.com)



    首位独走のマンCから最多5人選出 ケインやサラーも名を連ねる

     イングランドのプレミアリーグは今季、就任2年目のジョゼップ・グアルディオラ監督が率いるマンチェスター・シティが首位を独走し、4シーズンぶりの頂点に近づいている。一方、個人の活躍に目を向けると2季連続でリーグ得点王を獲得しているトットナムのイングランド代表FWハリー・ケインや、リバプールのエジプト代表FWモハメド・サラーがゴールを量産して強烈な輝きを放つ。そうしたなか、少し気は早いものの現地ブックメーカーでは今季のMVP候補選手のオッズが発表され、2017-18シーズンの格付けが始まっている。

     英紙「デイリー・エクスプレス」は、英国の大手ブックメーカー「ラドブロークス」が付けたオッズを基に、PFA(プロサッカー選手協会)年間最優秀選手賞の候補選手10人をランキング形式で紹介している。

     昨季はリーグ制覇を成し遂げたチェルシーのフランス代表MFエンゴロ・カンテが受賞した同賞。今季の受賞が予想される有力10選手のうち、半分の5人は現在首位を走るシティから選ばれた。

     10位は101倍のオッズがついたリバプールのブラジル代表FWロベルト・フィルミーノ。シティのドイツ代表MFレロイ・サネ、チェルシーのベルギー代表FWエデン・アザール、マンチェスター・ユナイテッドのスペイン代表GKダビド・デ・ヘアの3人が67倍で、7位タイに並ぶ。

     6位から4位まではイングランド代表FWラヒーム・スターリング、アルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロ、スペイン代表MFダビド・シルバとシティの主力選手がそれぞれオッズ34倍、26倍、21倍で名を連ねた。

    残り11試合での大逆転なるか

     3位は今季ゴールセンスが一気に開花したリバプールのサラーで7.5倍。2位は3年連続得点王が視野に入るトットナムのケインで5.5倍だった。

     そして、この両ストライカーを抑えてトップに立ったのはベルギー代表MFケビン・デ・ブライネだった。シティで今季7得点14アシストを記録するプレーメーカーは、オッズ1.25倍と圧倒的な一番人気だった。

     まだリーグ戦11試合を残すが、圧巻の成績を残すデ・ブライネの人気は堅いか。それとも他の選手が最終盤で、さらに強烈なインパクトを残して逆転するのか。リーグの優勝争いとともに、個人賞の行方にも注目だ。

    フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

    ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

    今季プレミアMVP候補10人を英ブックメーカーが格付け 圧倒的な本命に推されたのは?


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】今季プレミアMVP候補10人!!本命は?】の続きを読む



    (出典 img.qoly.jp)



     プレミアリーグ第27節が12日に行われ、チェルシーとウェスト・ブロムウィッチが対戦した。

     プレミアリーグ直近2試合で7失点を喫し、2連敗中のチェルシー。解任が噂されるアントニオ・コンテ監督は、今冬新加入のオリヴィエ・ジルーを初先発に抜擢。また、肩を痛めていたアルバロ・モラタもベンチ入りを果たした。

     試合は徐々にチェルシーが主導権を握る。そして25分、エデン・アザールがペナルティーエリア手前からジルーとのワン・ツーでエリア内に侵入すると、ダイレクトで右足シュートをゴールに沈め、エースが先制点を挙げた。

     後半に入ると63分、セスク・ファブレガスのパスが相手DFにあたり、ボールがペナルティーエリアにこぼれると、これにいち早く反応したビクター・モーゼスが決めて、チェルシーが追加点奪取に成功する。続く71分には、アザールがペナルティーエリア右からカットイン。強烈な左足シュートをゴールに突き刺し、勝負あり。

     試合は3-0で終了。チェルシーは連敗を2で止め、3試合ぶりの白星。ウェスト・ブロムウィッチは3連敗となった。

     次節、チェルシーはアウェイでマンチェスター・Uと、ウェスト・ブロムウィッチはホームでハダースフィールドと対戦する。

    【スコア】
    チェルシー 3-0 ウェスト・ブロムウィッチ

    【得点者】
    1-0 25分 エデン・アザール(チェルシー)
    2-0 63分 ビクター・モーゼス(チェルシー)
    3-0 71分 エデン・アザール(チェルシー)

    3試合ぶりの勝利を見せたチェルシー [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】アザール2発のチェルシーが連敗ストップ!】の続きを読む



    (出典 xn--wiki-ul4c7b8eqvx877aorqe.xyz)



     マンチェスター・Cを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督がベルギー代表ケヴィン・デ・ブライネがバロンドールを獲るために必要なものについて語った。イギリスメディア「スカイスポーツ」が11日に報じている。

     チャンピオンズリーグ(CL)ではベスト16に進出し、リーグ戦でも2位と大きな差をつけて首位にいるマンチェスター・C。この躍進を支える一人であるデ・ブライネが、この10年間バロンドールを競い合っているアルゼンチン代表FWリオネル・メッシとポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドと肩を並べることが「間違いなくできる」とグアルディオラ監督は語ると、次のように続けた。

    「彼は1試合だけではない。特に今シーズンは3日ごとの試合全てで本当に素晴らしいプレーをしている。しかし、(バロンドールを得るには)彼がタイトルを獲得しなければならないことを誰もが知っている。特にあのタイトルを獲得する必要があることは分かっているよ。ヨーロッパでの活躍がもっと必要かもしれないね」

     そして、言及した「あのタイトル」が「CL」であるかどうか尋ねられると、グアルディオラ監督は「最終的にそれが必要になるだろう」と語った。

     今シーズンの公式戦で既に18アシストを記録しているデ・ブライネは個人的な賞よりチームのタイトルを強調した。

    「僕は自分がしなければならないことをしている。チームとタイトルを獲得するためにすべてをかけて戦っているんだ。その後に何が起こるのかはわからないよ。最終的にもし個人的な名誉を得るなら、それは美しいことだろうね」

    ジョゼップ・グアルディオラ監督(左)とケヴィン・デ・ブライネ(右) [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】デ・ブライネがバロンドールを獲るには?】の続きを読む

    このページのトップヘ