Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。



    (出典 afpbb.ismcdn.jp)



    1 数の子 ★ :2018/09/18(火) 20:28:49.10 ID:CAP_USER9.net

    「次はCLのトロフィーを掲げたい」

    先日、2018年のFIFA年間最優秀選手賞の最終ノミネート3名に入れなかったことで、フランス代表のアントワーヌ・グリエーズマンがFIFAに対して苦言を呈したことは、大きなニュースとなった。
     
     世界中の代表監督とキャプテンによって選出され、9月24日に発表される予定の同賞の最終候補者は、クリスチアーノ・ロナウド、ルカ・モドリッチ、モハメド・サラーの3人。グリエーズマンはこれについて、「ロシア・ワールドカップで優勝したフランス代表から選ばれないのはおかしい」と疑問を呈した。
     FIFA主催の最高峰の大会を制した世界王者の中核でありながら、受賞を逃したグリエーズマンだが、年末に発表される個人タイトルの最高峰ともいえる「バロンドール」では、有力候補のひとりと見られている。
     
     これについて彼は、スペイン紙『AS』に対して「バロンドールはより権威があり、歴史もある」と語り、世界中のジャーナリストによって選出される同賞の獲得に意欲を示している。
     
    「全ての力を出した」というこの3か月間あまりで、代表ではW杯、アトレティコ・マドリーではヨーロッパリーグ、UEFAスーパーカップの3つのタイトルを手にしたグリエーズマン。これは、彼に大きな自信を与えたようである。
     
    「僕は、C・ロナウド、(リオネル・)メッシ、(キリアン・)エムバペとは違う選手だ。トップレベルにいると思うけど、まだ成長できるはずだ。可能な限り、完璧に近づきたい。50ゴールを挙げることはできなくても、攻撃面でチームを助けることはできる」
     
    「僕はすでに、(リオネル・)メッシやC・ロナウドと同じレベルに到達していると思うけど、他の選手たちもそこにやって来るだろう」
     
     自信は持ちながらも、向上心と謙虚さを失っていない27歳は、「僕は成長したいし、勝ちたい。そのために、これまで通りにプレーしていきたい」と抱負を語っている。
     
     ただ、グリエーズマンが本当に欲しいのは、バロンドールではなく、チームとしての最大の栄誉ともいえるチャンピオンズ・リーグ(CL)だ。前述の通り、今夏に3つのビッグタイトルを手にした彼は、「今はCLを狙っている。次は、あのトロフィーを掲げたいね。最も欲しいタイトルさ。疑いようがない」と願望を明かした。
     
     噂されたバルセロナ移籍を蹴って、A・マドリー残留を決めたことについて、「愛情によるもの。お金が目的なら中国に行っていた」と語ったグリエーズマン。クラブやサポーターのために、欧州王者の称号をもたらしたいところだが、奇しくも今シーズン、CL決勝はA・マドリーの本拠地、ワンダ・メトロポリターノで開催される。
     
    「それが我々にプレッシャーをかけることはないよ。むしろ、勢いを生み出し、決勝へ我々を押し進めてくれると思う」
     
     年末にバロンドール受賞、今シーズンの最後に欧州制覇という、グリエーズマンにとっての最高のシナリオは実現するか。その歩みに注目しよう。
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180918-00047448-sdigestw-socc


    【【海外サッカー】バロンドール受賞に意欲のグリエーズマン 「僕はメッシやC・ロナウドと同じレベルに到達したと思う」】の続きを読む



    (出典 www.theworldmagazine.jp)



     チャンピオンズリーグCL)・グループステージ第1節が18日に行われ、リヴァプールホームパリ・サンジェルマンPSG)に3-2で勝利した。

     昨シーズン準優勝のリヴァプールモハメド・サラーサディオ・マネらが先発出場。15日のトッテナム戦でを負傷したロベルトフィルミーノはベンスタートで、代わりにダニエル・スタリッジが3トップ中央に入った。一方、初優勝を狙うPSGネイマールエディンソン・カバーニキリアン・ムバッペの3トップなどがスタメン入りした。

     試合の均衡を破ったのは、ホームリヴァプールだった。30分、左サイドアンドリューロバートソンが鋭いクロスを送ると、中央のスタリッジが頭で合わせて先制のゴールネットを揺らした。さらに35分にはジョルジニオ・ワイナルドゥムがエリア内で倒されてPKを獲得。これをジェイムズミルナーがゴール右隅に突き刺し、リードを2点に広げた。

     PSG40分、アンヘル・ディ・マリアクロスを入れると、トーマス・ムニエがこぼれ球をボレーで押し込み、1点を返して試合を折り返す。そして後半に入って83分、ネイマールがドリブルで持ち上がり、最後はムバッペがこぼれ球を流し込んで同点に追いついた。

     だが、後半アディショナルタイム2分、右サイドでパスを受けた途中出場のフィルミーノが切り返しで相手DFを翻弄し、右足を一シュートゴール左に突き刺し、勝ち越しゴールを奪った。試合はこのままリヴァプールが3-2で勝利。次節は10月3日に行われ、PSGホームでツルヴェナ・ズヴェズダと、リヴァプールは敵地でナポリと対戦する。

    スコア
    リヴァプール 3-2 パリ・サンジェルマン

    【得点者】
    リヴァプール:スタリッジ(30分)、ミルナー(PK/36分)、フィルミーノ(90+2分)
    PSG:ムニエ(40分)、ムバッペ(83分)

    スターティングメンバー
    リヴァプール(4-3-3)
    アリソン;A・アーノルドゴメスファンダイク、ロバートソン;ミルナー、ワイナルドゥム、ヘンダーソン;サラー(85シャチリ)、スタリッジ(72フィルミーノ)、マネ(90+3分 ファビーニョ)

    PSG(4-3-3)
    アレオラ;ムニエ、キンペンベ、T・シウヴァ、ベルナトラビオ、マルキーニョス、ディ・マリア80分 チュポ・モティング);ムバッペ、カバーニ80ドラクスラー)、ネイマール

    決勝点ゴールを決めたフィルミーノ(右)[写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【UCL】即復帰のフィルミーノが劇的決勝弾! リヴァプール、PSGとの打ち合い制し白星発進】の続きを読む



    (出典 biz-journal.jp)



    1 Egg ★ :2018/09/14(金) 15:03:58.97 ID:CAP_USER9.net


    (出典 amd.c.yimg.jp)

    5月、楽天の三木谷社長と移籍発表会見に臨むイニエスタ選手(撮影:鈴木紳平)

    サッカー界の世界的スター、アンドレス・イニエスタ選手がJリーグデビューを飾ってからはや2カ月。ヴィッセル神戸のミッドフィルダーとして攻撃の起点となるだけでなく、鮮やかなシュートを決めるなどサポーターの期待を裏切らない活躍を続けている。

    ■ホームゲームの入場者数は加入後4割増

    イニエスタ選手加入の効果は、数字上でも明らかだ。2017年度、ヴィッセル神戸のホームゲーム全17試合の1試合平均入場者数は1万8272人だったが、2018年は12試合を終えて同2万0416人まで増加。イニエスタ選手が合流したのは7月22日の第17節・湘南ベルマーレ戦からだが、その後の1試合平均入場者数は2万4959人に上っている。

    ■クラブ経営への影響は? 

     Jリーグクラブ1のインスタグラムフォロワー数(8.3万人、9月13日現在)を獲得するなど、一躍人気クラブとなったヴィッセル神戸だが、クラブ経営にはどのような影響があるのだろうか。

     7月31日に発表された2017年度決算では、4年ぶりに最終赤字に転落。2017年に加入したもう一人のエース、ルーカス・ポドルスキ選手獲得などにより人件費(選手・スタッフへの給料)が11億円増加し、Jクラブ最高の31億円まで膨れ上がった。ただ、親会社・楽天などからの広告料収入も11億円増加しており、最終赤字幅は1億5000万円にとどまっている。

    つづく


    【【Jリーグ】<イニエスタ効果>集客増だけでも劇的だ】の続きを読む

    このページのトップヘ