Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    no title


    チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグ、ナポリvsバルセロナが25日に行われ、1-1で引き分けた。

    リバプールザルツブルク、ヘンクと同居したグループEを3勝3分けの2位で通過したナポリは、12月アンチロッティ前監督の解任を断行した中、ガットゥーゾ監督を招へい。公式戦ここ7試合で6勝とチーム状態を上げた中、守備の要クリバリを負傷で欠いたが、それ以外はベストメンバーで臨んだ。

    一方、ドルトムントインテル、スラビア・プラハと同居したグループFを4勝2分けの首位で通過したバルセロナは、スーペル・コパでの敗戦を受けて1月にバルベルデ前監督の解任を断行。セティエン監督を迎え、コパ・デル・レイこそ準々決勝敗退に終わったが、ラ・リーガでは4連勝中で首位に浮上し、次節レアル・マドリーとのエル・クラシコを控える中、ナポリ戦を迎えた。

    ビダルを3トップの右に据えたバルセロナボールを握る展開で立ち上がった中、ナポリはメルテンスのみを最前線に残す[4-5-1]で応戦したため、静かな序盤戦となった。

    そんな中30分、ナポリが最初の決定機をモノにする。ジュニオールフィルポのトラップミスを突いたジエリンスキがボックス手前右まで持ち上がって中に折り返すと、ボックス手前左のメルテンスがトラップから右足を一閃。完璧なシュートゴール右上に決まった。

    先制後もナポリが自陣に引いてスペースを消す中、攻めあぐねるバルセロナメッシを完全に封じられ、枠内シュートを打てずに前半を1点ビハインドで終えた。

    迎えた後半も同様の構図で試合が推移する中、ナポリはメルテンスが54分に負傷のためミリクとの交代を強いられた。

    すると57分、バルセロナが一瞬の隙を突いてアウェイゴールを奪う。ブスケッツのスルーパスでボックス右のスペースを突いたN・セメドのクロスグリーズマンが押し込んだ。

    失点を受けて重心を前に上げたナポリはインシーニェが個人技から枠内シュートを浴びせれば、63分にもカジェホンがGKと一対一に。しかし、テア・シュテーゲンにセーブされた。

    終盤にかけてはバルセロナが押し込む流れが続いた中、互いに決定機なく1-1で終了。3月18日にカンプ・ノウで行われる2ndレグに決着は委ねられることとなった。


    ルイス・フィーゴも生解説!伝統の一戦クラシコ
    WOWOWにて生中継!
    ■詳細はこちら>

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【CL】ナポリ先制もバルサがグリーズマンのアウェイゴールでドロー!】の続きを読む

    no title

     チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦ファーストレグが25日に行われ、チェルシーイングランド)とバイエルンドイツ)が対戦した。

     前半はアウェイバイエルンに決定機が多く到来する。11分、キングスレイ・コマンがトーマス・ミュラーとのパス交換でDFラインを突破してフィニッシュまで持ち込んだが、シュートは惜しくもゴールの右横に外れた。28分にはミュラースルーパスからロベルト・レヴァンドフスキがGKとの1対1を迎えたが、フィニッシュは飛び出してきた相手GKのウィリー・カバジェロに阻まれた。

     29分、ミュラーカットインからゴール右隅を狙った強烈なシュートを放ったが、ポストのわずかに右横へ外れる。さらに35分、セルジュ・ニャブリが左サイドからインスイングのクロスを送ると、中央のミュラーバックヘッドで合わせる。しかし、ボールクロスバーに阻まれゴールとはならなかった。

     対するチェルシーは左サイドを中心にバイエルンゴールに迫る。43分には、マテオ・コヴァチッチスルーパスを受けたマルコス・アロンソが、相手DFをキックモーションで剥がしてフィニッシュまで持ち込んだが、相手GKマヌエル・ノイアーに正面で防がれた。

     スコアレスで後半に突入すると、51分に試合の均衡が破れた。中央にカットインしたニャブリが左に流れたレヴァンドフスキへパスを流すと、レヴァンドフスキシュートではなく折り返しを選択。このボールをニャブリが押し込み、アウェイバイエルンが先制に成功した。

     すると54分、バイエルンリードを広げる。レヴァンドフスキセンターハーフ付近での空中戦に競り勝つと、こぼれ球をニャブリが回収。ニャブリは少し運んで左に流れたレヴァンドフスキに渡すと、ゴール前でリターンを受け取り、最後は冷静にゴール右下隅に流し込んだ。

     76分、バイエルンがさらにアウェイゴールを獲得する。左サイドを突破したアルフォンソ・デイヴィスがグラウンダーで折り返し、最後はレヴァンドフスキが詰めてネットを揺らした。同選手は今季のCLで11得点目となり、ドルトムントアーリング・ハーランドを抜いて、再び得点ランキング首位に躍り出た。

     83分、チェルシーは退場者を出してさらに追い込まれる。M・アロンソレヴァンドフスキの走るコースを妨害しようと腕を振ると、これがレヴァンドフスキの顔に当たる。M・アロンソにはイエローカードが提示されたが、VARの介入によってカードの色は赤に変わった。

     試合はこのまま終了。バイエルンホームで行われるセカンドレグは、日本時間3月18日29時(19日5時)にキックオフを迎える。

    スコア
    チェルシー 0-3 バイエルン

    【得点者】
    0-1 51分 セルジュ・ニャブリ(バイエルン
    0-2 54分 セルジュ・ニャブリ(バイエルン
    0-3 76分 ロベルト・レヴァンドフスキバイエルン

    スターティングメンバー
    チェルシー(3-4-2-1)
    カバジェロ;アスピリクエタ(73分 ペドロ)、クリステンセン、リュディガー;R・ジェームス、ジョルジーニョ、コヴァチッチ、M・アロンソ;バークリー(61分 ウィリアン)、マウント;ジルー(61分 アブラハム

    バイエルン(4-2-3-1)
    ノイアー;パヴァール、J・ボアテング、アラバ、A・デイヴィス;キミッヒ、チアゴ(90分 ゴレツカ);コマン(66分 コウチーニョ)、T・ミュラー、ニャブリ(85分 トリッソ);レヴァンドフスキ

    バイエルンは敵地で3つのアウェイゴールを獲得 [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【CL】バイエルンが8強へ大きく前進! 敵地でチェルシーに3発快勝】の続きを読む




    (出典 img.footballchannel.jp)



    ライオネル・メッシ 写真提供: Gettyimages

    2019/2020ラ・リーガ第25節、バルセロナ乾貴士が所属するエイバル相手に圧勝(5−0)し、リーグ1位の座を取り戻した。来週月曜3月2日(日本時間)に行われる現在2位のレアル・マドリードとの大一番「エル・クラシコ」に向けても、エイバル戦は勢いをつける大事な一戦となった。

    しかし、そんなピッチ上での好調に反して、現在バルサピッチ外にて、選手、フロントサポーターなどを巻き込む大きな問題を抱えている。

    ここ数日、バルサに関する事実か噂かはっきりしない様々な情報が挙がっているが、事実であればクラブの大きなピンチとなり得るだろう。今年になって表に出た不可解な出来事をまとめてみる。

    キケ・セティエン 写真提供:Gettyimages

    シーズン途中の珍しい監督交代

    バルサ2020年は不思議な監督交代から始まった。2017年の夏から監督を務めていたエルネスト・バルベルデが1月14日(日本時間)に解任となり、後任として選ばれたのは2017年5月から2019年5月までレアル・ベティスで指揮を取っていたキケ・セティエンである。

    その瞬間から、バルサにとって珍妙なシーズンとなることを想像した人は多いだろう。ブラウグラナ(バルサの愛称)がシーズン途中に監督を変えるのは滅多にないことで、最後にこのようなシチュエーションが起こったのは、2003年ルイ・ファン・ハール監督解任の時だった。

    セティエンが監督となってからプレーに迷いが出た試合もあったが、新しいコンセプトに慣れなければいけないチームにとっては当然のことだ。しかし、これに関する深刻な状況が、2月に入ってから明らかになり始めた。

    リオネル・メッシ 写真提供:Gettyimages

    SDアビダル氏の発言とメッシのリアクション

    2月の始まりにバルサスポーツディレクター(SD)であるエリック・アビダル氏が、バルベルデ監督の解任に関してこう語った。

    「数人の選手がバルベルデとの関係を不安に思っていた。ロッカールームでの雰囲気は悪くはなかったが、私も選手だったので何かがおかしいことを感じ取って、監督解任という選択をした」

    そして、この発言に対してリオネル・メッシが強いリアクションを示したのだ。2月4日に、以下のような発言をしている。

    「誰かが選手の話をする時は、名前をきちんとあげるべきだ。そうじゃないと全員に泥がつくこととなり、でたらめも生まれる」

    このやり取りの後、状況が落ち着く様子は全く見られず、さらにクラブの信用が疑われるような大きなトラブルが表に出た。

    カルレス・プジョル 写真提供: Gettyimages

    I3 Ventures社によるネガティブキャンペーン

    『カデナ・セール』というスペインテレビ局が取り上げた話題の1つが、もし事実なのであれば大変なことになる。ジョゼップ・マリアバルトメウ会長率いるバルサの幹部陣が『I3 Ventures』という企業と契約を交わし、SNSを通じてバルサの選手を含めた特定の人物を批判させていたと報じられた。

    クラブはすぐにその報道を否定し、I3 Ventures社との契約はSNSにおけるバルサに対するポジティブメッセージネガティブメッセージモニタリングするため、と発表した。

    しかし、カデナ・セールが作成した36ページのレポートでは、I3 Ventures社がメッシシャビカルレス・プジョルなど、バルサレジェンドに対するネガティブメッセージを配信したアカウントを管理していたという証拠が明らかにされたのだ。そして、バルサから発生したI3 Ventures社への支払いが正規の経理資料に含まれてないと証明できることも発信され、大きな問題となった。

    さらにメッシ2月20日スペイン紙『ムンド・デポルティーボ』へのインタビューで、バルサへの疑いが解けない内容の発言をしている。

    「その話が本当かどうか僕にはわからない。これから明らかとなるだろう。しかし、1月から様々な不思議なことが起きているのは事実です」

    ジェラール・ピケ 写真提供:Gettyimages

    取締役会で上がった重要な話

    メッシインタビューの翌日(2月21日)に、バルトメウ会長は、監督とベテラン選手(メッシジェラール・ピケ、セルヒオ・ブスケツ、セルジ・ロベルト)とのミーティングを経て、取締役会の会議に挑んだ。

    取締役会で上がった最も重要な話は、I3 Ventures社に支払われた料金に関する問題だった。バルサ内の規則では20万ユーロ(約2400万円)を超える支払いが発生する場合は理事会の承認が必要となるそうだが、I3 Ventures社に支払われた料金80万ユーロ(約1億円)が、その金額を超えないよう小分けにされたという。

    この話し合いは、まだ続いているそうだ。

    バルサ、そしてメッシの未来はどうなる?

    この大問題はしばらく解決せず、これから数年のクラブの活動に大きな影響を与えると思われる。ホームスタジアムであるカンプ・ノウ、そして練習施設などのリニューアル計画も抱えているバルサは、本当に大丈夫なのだろうか?

    また、バルササポーターメッシのことも心配しているだろう。彼は2021年までの契約が残っているが、この数ヶ月で2020年6月にクラブを離れるという噂が流れている。そして、メッシの移籍の可能性が高まったのはこの問題が始まってからということを、複数のメディアが報じている。

    災厄の2020年開始となったブラウグラナは、一体これからどうなるのだろうか?



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】バルセロナのピッチ外の不可解な大問題。メッシはどうなる?】の続きを読む

    このページのトップヘ