Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title

    数々のスター選手たちもプレーしてきたUEFAチャンピオンズリーグ。2020-21シーズンもいよいよノックアウトステージが開幕する。

    グループステージでの大きな波乱はなく、インテルマンチェスター・ユナイテッドがが敗退したことが大きなニュースと言えるだろう。

    順当な勝ち上がりを見せた今季のCLでは、将来のスター候補生も多く活躍。特に印象に残った若手選手を超ワールドサッカー編集部が選出した。


    ★MFジュード・ベリンガム/ドルトムント


    生年月日:2003年6月29日生(17歳)
    国籍:イングランド
    CL成績:6試合1アシスト

    シーズンからドルトムントに加入したベリンガム。これまで所属していたバーミンガムは、イングランドチャンピオンシップ(2部)に所属しており、大きなステップアップを果たした。

    ビッグクラブの多くがその才能に惚れ込み、夏の移籍市場では引く手数多となったなか、移籍先に選択したのはドルトムント。有能な若手選手が揃うという理由で選択したと語っていた。

    バーミンガムではベリンガムが着用していた背番号「22」が永久欠番になる程の扱いだったが、ドルトムントでもその能力を見せつけている。

    自身初のCLではグループステージの全6試合に出場し、1アシストを記録。主にセントラルミッドフィルダーとしてプレーし、スケールの大きさを感じさせるパフォーマンスを見せた。

    かつてアーセナルなどでプレーした元フランス代表MFパトリック・ヴィエラを彷彿とさせる。

    ★MFドミニク・ショボスライ/ザルツブルク→RBライプツィヒ

    生年月日:2000年10月25日生(20歳)
    国籍:ハンガリー
    CL成績:6試合2ゴール

    ザルツブルクではチーム戦術である高いインテンシティが求められるサッカーで躍動。186cmという恵まれた体躯と高精度の右足のキックを生かしたミドルレンジのパスやシュートで、抜群の存在感を発揮していた。

    若手の才能が集まるザルツブルクでも群を抜いたパフォーマンスを見せ、ビッグクラブからの関心も高かったなか、グループクラブのRBライプツィヒへと1月から活躍の場を移している。

    ザルツブルクの一員として、今シーズンのCLに出場。6試合に出場し2ゴールを記録していた。

    チームは敗退となったが、ライプツィヒに移籍したことでラウンド16にも出場可能。現在はケガのため移籍後のデビューを果たせていないが、CLの舞台で更なる活躍を見せることに期待がかかる。

    ★MFペドリ/バルセロナ

    生年月日:2002年11月25日生(18歳)
    国籍:スペイン
    CL成績:5試合1ゴール

    ラス・パルマスの下部組織で育ったペドリは2019年9月にバルセロナへと移籍。そのままラス・パルマスへレンタル移籍していたため、バルセロナプレーするのは今シーズンが初めてとなる。

    そのバルセロナにおいて、ロナルド・クーマン監督の下で出場機会を得ると、チームの攻撃を司る一角に定着。ラ・リーガでは全19試合に出場し2ゴール2アシストを記録している。

    CLでもグループステージの5試合に出場。1ゴールと数字としては物足りなさもあるが、新生バルセロナの新たなコンダクターとしての地位を確立しつつある。

    スペインの至宝”とも言われるぺドリは、精度の高いパスが最大の特徴。バルセロナの中であってもその才能は随一だ。さらに、ウイングでもプレー可能なほどドリブルの能力も高く、この先のスペインを背負って立つ存在になるだろう。

    久しくCLでは敗退を続けているバルセロナビッグイヤー獲得に向けては、ペドリの活躍が必要不可欠となりそうだ。


    ★FWフェラン・トーレス/マンチェスター・シティ

    生年月日:2000年2月29日生(20歳)
    国籍:スペイン
    CL成績:5試合4ゴール

    シーズンからマンチェスター・シティに活躍の場を移したフェラン・トレースバレンシアから来たアタッカーは、その能力の高さをまざまざと見せつけている。

    プレミアリーグでは12試合に出場し2ゴールとまだまだリーグへのフィットに苦労している感が否めず、スペインとの違いに苦労している姿が見て取れる。

    一方で、CLの舞台ではその才能を遺憾なく発揮。グループステージの5試合に出場し4ゴールを決める活躍。ウイングだけでなくセンターフォワードとしても結果を残した。

    左右のウイングと中央でプレーが可能なフェラン・トーレスは、シティにとっては大きな役割を担っており、ジョゼップ・グアルディオラ監督体制で悲願のCL初制覇に向けては欠かせないピースだ。

    ★FWマルクス・テュラム/ボルシアMG

    生年月日:1997年8月6日生(23歳)
    国籍:フランス
    CL成績:6試合2ゴール4アシスト

    その父は偉大なディフェンダーとして多くのストライカーを苦労させたリリアン・テュラム氏。息子はその父とは真逆のストライカーとして活躍を見せている。

    2019年7月にギャンガンからボルシアMGへと加入すると、今シーズンは初めてCLに出場。抜群の身体能力を誇るテュラムは規格外のプレーが多く、パワースピードも一級品だ。

    CLではグループステージの6試合に出場。左ウイングでのプレーとなったが、第2節のレアル・マドリー戦では2ゴールの活躍を見せる。

    さらに、4アシストを記録しているのも特徴。チームのラウンド16進出に多大なる貢献を果たした。


    チャンピオンズリーグ グループステージベストマッチを1/23(土)~放送!
    グループステージ全96試合はWOWOWオンデマンドで順次配信中!
    >>無料トライアルはこちら
    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】今季のCLでブレイク、ラウンド16でも注目したい“ヤングガンズ”】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title


     今やすっかり当たり前となった無観客試合。新型コロナウイルスによるパンデミックが一時は落ち着き、一部の観客が戻ってきたリーグもあるが、寒さが厳しくなると共に感染が再拡大し、再び無観客試合に逆戻りするリーグが後を絶たない。

     スタジアムから観客がいなくなったことで話題になったのが、“ホームアドバンテージ”の喪失だろう。サッカーではホームチームの方がアウェイチームよりも有利であることが通説となっているが、コロナ禍では本拠地で苦戦するチームが増えたとされる。

     スイスの独立研究教育機関『国際スポーツ研究センター(CIES)・フットボール・オブザーバトリー』が25日に発表したデータでも、ホームアドバンテージが減少したことが明らかとなっている。世界の66のトップリーグを調査した同機関によると、コロナ以前(2019年1月1日2020年3月31日)のホームチームの勝率は「45.1%」であるのに対して、コロナ禍2020年4月1日2021年1月18日)の勝率は「42.0%」と、3%以上も減少。2020年4月以降、ホームでのリーグ戦を10試合以上戦いながら、いまだ勝利を手にしていないチームが二桁の「10」を数えるという(そのうちの一つが、J1リーグベガルタ仙台)。

     一方、無観客、あるいは有観客であっても人数制限がかかったゲームで、順調に白星を重ねるチームもある。『CIES』によると、スコットランドレンジャーズは12戦12勝、ノルウェーのFKボデ/グリムトは15戦15勝と、2020年4月以降のホーム勝率は100%を記録。FKボデ/グリムトは、春秋制を採用するノルウェーリーグで2020シーズンの王者に輝いた。なお、これら2チームに次ぐホーム勝率を記録したのが川崎フロンターレで93.8%だった。

     では、無観客試合が基本となったコロナ禍でも、ホームで白星を重なるチームはどこなのだろうか。ホームアドバンテージが顕著だとされる欧州5大リーグについて、『CIES』がホーム勝率ランキングを発表しているので、トップ10を紹介しよう。(注:2020年4月から2021年1月25日までのリーグホーム勝率ランキング

    ◆ 1位 86.7% アトレティコ・マドリードスペイン

    アトレティコホーム15試合で13勝2分けと無敗をキープ。同期間の平均得点は「2.13」、平均失点は「0.33」と内容も申し分ない。24日のバレンシア戦に勝利し、2017年オープンした本拠地『ワンダメトロポリターノ』では初のホーム8連勝を達成。熱狂的なサポーターを持つアトレティコが、無観客の中で好成績を収めているのは興味深いところだ。

    ◆ 2位 85.7% レアル・マドリードスペイン

    “臨時本拠地”の『エスタディオアルフレッド・ディ・ステファノ』でホームゲームを戦うレアル・マドリードが2位(85.7%)。収容人数は6000人程度とかなり規模の小さいスタジアムながら、『サンティアゴ・ベルナベウ』と同じ芝生が採用されており、選手たちも違和感なくプレーできていることが好成績の理由の一つと考えられる。

    ◆ 3位 83.3% バイエルンドイツ

    アトレティコ同様、バイエルンホーム無敗をキープするチームの一つ。1試合平均得点は「3.75」と欧州5大リーグトップを誇っている。現時点で2位以下に7ポイント以上の差をつけており、リーグ9連覇は確実となっている。

    ◆ 4位 81.3% マンチェスター・Cイングランド

    プレミア勢で最もホーム勝率が高かったのが、マンチェスター・C。16試合中13試合で白星を手にしている。この間のホーム1試合平均失点(0.5)は、アトレティコ(0.33)、パリ・サンジェルマン(0.45)に次ぐ第3位。守備は抜群の安定感を誇る。

    ◆ 5位 72.7% パリ・サンジェルマンフランス

    リーグ内の格差を考えれば、もっと高い勝率を記録しても不思議ではない。ただ、今季はマルセイユリヨンに本拠地で完封負け(0-1)を喫するなど、らしくないところも見られる。とはいえ、マウリシオ・ポチェッティーノ新体制発足以降はホーム3連勝を成し遂げている。

    ◆ 6位 71.4% リヴァプールイングランド

    21日のバーンリー戦で、69試合ぶりのホーム黒星を喫したリヴァプール。主力の負傷離脱や過密日程など複数の要因が重なり、ここのところは失速傾向にある。こんな時こそホームアドバンテージを活かしたいところだが、昨年末から再び無観客開催になったのは痛恨だろう。

    ◆ 7位 68.8% ローマイタリア
    7位 68.8% インテルイタリア
    7位 66.8% アタランタ(イタリア

    ホーム勝率68.8%で並んだのが、ローマインテル、アタランタのセリエA3チーム。今季のホーム成績でも、ローマ(勝ち点24)とインテル(勝ち点22)が“ワンツー”で並んでいる。いつになく混戦模様のシーズンだけに、ホームでは確実に結果を残したいところだ。

    ◆ 10位 66.7% セビージャスペイン
    10位 66.7% ユヴェントスイタリア
    10位 66.7% ナポリイタリア

    今季、10連覇を狙うユヴェントスだが、現時点で5位。シーズン折り返し地点を迎えたばかりだが、ホームで落とした勝ち点(7)は昨季1年間のそれに並んでいる。無観客によるホームアドバンテージの減少というよりも、アンドレア・ピルロ新監督が持ち込んだ新たなコンセプトが十分に浸透していないために取りこぼしが起きているという印象だ。ここから完成度を高めていけるだろうか。

    (記事/Footmedia

    欧州5大リーグのホーム勝率ランキングが発表 [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】無観客の中、ホーム勝率が最も高いチームは? 欧州5大リーグのトップ10を紹介】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title



    サンプドリア日本代表DF吉田麻也が、自身のセリエAゴールを振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。

    吉田は24日に行われたセリエA第19節のパルマ戦にフル出場すると、23分に先制点となるゴールを決め、セリエA初得点を記録していた。

    試合後のインタビューに応じた吉田は、サンプドリア史上初めて日本人ゴールを記録したことを聞くと、イタリア語で「ゴー、ヤナギサワ、ゴール」とかつてサンプドリアに在籍した元日本代表FW柳沢敦氏の名前を出し、報道陣の笑いを誘っていた。

    柳沢氏は2003-04シーズンサンプドリアに期限付き移籍。公式戦18試合に出場するもゴールはなかった。

    その後、吉田はイタリア語で「柳沢氏は自身の先輩でリスペクトしている」とフォローも忘れなかった。

    また自身のゴールについては、さらなる目標を口にしている。

    「僕の初ゴールには満足しているが、30試合以上出場していることを考えると、すでに決めておかなければいけなかった。シーズンの終わりまでには後2点決めたい」

    この投稿をInstagramで見る

    U.C. Sampdoria(@sampdoria)がシェアした投稿

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【セリエA】初ゴールの吉田麻也 サンプドリアの先輩日本人FWに向けた言葉とは?】の続きを読む

    このページのトップヘ