Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。



    (出典 img.footballchannel.jp)



     アーセナルがアーセン・ヴェンゲル監督の退任を発表したことを受けて、早くも複数クラブが同監督の招へいを目指して水面下でレースを行っているようだ。21日、イギリス紙『メトロ』をはじめ複数のイギリスメディアが伝えている。

     ヴェンゲル監督は、アーセナル退任自体は発表しているものの、監督自体の引退は考えていないと伝えられている。フランス出身の名将には早くもパリ・サンジェルマンやモナコといったフランスの強豪が動向を注視しているようだ。

     パリ・サンジェルマンはバルセロナからブラジル代表FWネイマールを、モナコからフランス代表FWキリアン・ムバッペを獲得するなど歴史に残る大型補強を実施。しかし、子シーズンも悲願であるチャンピオンズリーグ(CL)制覇を達成できずベスト16で敗退してしまったため、ウナイ・エメリ監督と契約延長を行わず、新たな監督を探していると報じられている。

     またモナコは現在率いているレオナルド・ジャルディム監督が、ヨーロッパのコンペティションでよい成績を残していることから、チェルシーなどのビッグクラブが注視していると伝えられている。両チームともフランス出身でコミュニケーションがとりやすく、昨シーズンこそCL出場権を獲得できなかったものの、無敗優勝などの実績を持つヴェンゲル監督招へいの可能性が浮上しているようだ。

     数多くのクラブがヴェンゲル監督の動向を伺っているが、果たして新天地はどこになるのだろうか注目が集まっている。

    フランスの強豪から関心を示されているヴェンゲル監督 [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】ヴェンゲル監督に故郷凱旋の可能性…PSGやモナコが獲得レースに参戦か!?】の続きを読む



    (出典 papimaro.velvet.jp)



     東京都出身の“小さな巨人”がドイツで躍動している。ハンブルガーSV(HSV)に所属する伊藤達哉は、第29節のシャルケ戦、地元メディア選出のマン・オブ・ザ・マッチに輝くなど大活躍。一時は出場機会を失うなど苦しむ時期もあったが、その注目度は試合ごとに高まるばかりだ。シーズンで2度監督が交代するなど、低迷するチームの中で、“日本代表入り”も噂されている。そこで今回は、伊藤に関する知っておくべき10の基本情報をお届けする。

    伊藤達哉(イトウタツヤ)
    生年月日:1997年6月26日(20歳)
    出身地:東京都台東区
    所属:ハンブルガーSV
    ポジション:フォワード
    背番号:43
    利き足:右足

    1.身長163センチ

     地元メディアが「ブンデスリーガ史上、最も小柄な選手」と報じる通り、誰よりも小柄な体格はピッチ上で一際目を引く。激しいフィジカルコンタクトが当たり前の舞台で、伊藤は小刻みなボールタッチとスピードを駆使し、常に仕掛ける姿勢を崩さない。ポジションは主に左サイドを担い、一対一の局面からチャンスメイクを演出する。

    2.小学生から高校生まで柏レイソルの下部組織でプレー

     2007年から柏レイソルU-12に所属して以降、柏レイソルU-15、柏レイソルU-18とステップアップしてきた。高校は日本体育大学柏高等学校に入学。

    3.HSV入団のきっかけは16歳で出場した世界大会

     柏レイソルU-18在籍時、伊藤はアル・アイン(UAE)で開催された「アル・アイン インターナショナル チャンピオンシップ 2014」に出場。柏レイソルU-18は準優勝に輝いた。伊藤は、グループリーグのHSV戦でマン・オブ・ザ・マッチに選出されると、大会MVPも受賞するなど大活躍。この活躍がHSVスカウトの目に留まり、獲得オファーの声がかかったという。

    4.2015年からハンブルガーSVのU-19でプレー

     2015年7月、HSVに3年契約で入団することが発表された。HSVから要望により高校卒業前からチームに合流するため、通学していた日本体育大学柏高等学校では早期卒業の特例措置が取られた。入団後は、U-19、U-21とアンダーカテゴリーでプレー。2017-18シーズンのレヴァークーゼン戦では途中出場からトップチームデビューを果たした。

    5.チームメイトの酒井高徳とは兄弟分

     HSVキャプテンの酒井高徳と伊藤は、2人でテレビゲームをして遊ぶなど、オフピッチでも良好な関係を築いている。酒井は伊藤について「僕にとってタツは弟のような存在で、家族なんです」と語っており、伊藤もブンデス公式のインタビューで「酒井高徳君からは毎日ピッチ内でもピッチ外でも多くのことを学んでいます。人格者だし、人がやらないようなことも率先してやってくれる」とコメントしている。

    6.HSVとの契約を2021年まで更新

     2017年12月、HSVは伊藤と新たに2021年までの3年契約を締結したことを発表。クラブの日本語版公式ツイッターによると、マネージャーを務めるイェンス・トッド氏は「タツヤは今季、目覚しい成長を遂げた」と高く評価。「我々は新たに才能豊かなユースアカデミー選手をブンデスリーガでプレーさせられることを喜んでいる。今後、彼は次のキャリアステップをHSVと共に歩んで行く」とコメントした。

    7.代理人はマウリツィオ・モラーナ氏

     伊藤の代理人はFIFA公認のイタリア人エージェント、マウリツィオ・モラーナ氏が務めてきた。モラーナ氏は日本代表の久保裕也(ヘント)や本田圭佑(パチューカ)など、多くの日本人選手の代理人を歴任。伊藤のHSV入団や契約延長をサポートした。

    8.憧れの選手はメッシ、リベリー、アザール

     伊藤は自身のプレースタイルからリオネル・メッシ、フランク・リベリー、エデン・アザールら小柄なドリブラーたちに憧れていることを明かしている。マン・オブ・ザ・マッチに選出されたシャルケ戦後、チームメイトから“リオネル・イトウ”と称された際は、「笑っちゃいましたね。リオネル・メッシと比較できる選手は全世界に一人もいませんよ(笑)」と語っている。

    9.各国の名門が熱視線!

     今シーズンの活躍から、伊藤に対し各国の名門クラブが獲得に興味を示してきた。HSVとの契約を延長したが、近い将来ビッグクラブへの移籍も実現するかもしれない。
    (伊藤の獲得に興味を示したクラブ:マンチェスター・C、インテル、ライプチィヒ、シャルケ、PSV、ベンフィカ、ザルツブルクなど)

    10.ワールドカップ経由オリンピック行きの可能性も

     今年3月、U-21日本代表を率いる森保一監督はパラグアイ遠征のメンバーを発表。伊藤が初招集された。同代表は東京オリンピックのメンバー候補の選手で構成されている。さらに、今月末には日本代表の西野朗監督が伊藤を視察するため渡独すると報じされるなど、A代表入りの可能性も急浮上している。これまでアンダーカテゴリーでの代表経験がなかった伊藤だが、“ロシアW杯経由、東京五輪行き”が現実味を帯びている。

     HSVは21日、フライブルク(16位)と対戦する。現在17位で降格圏で苦しむHSV、そして、日本代表の救世主となれるのか。伊藤の動向から目が離せない。

    HSVの伊藤達哉に大きな注目が集まっている [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【注目】西野ジャパン入りも? 株価急上昇中! 伊藤達哉について知っておきたい10のコト…】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



    無類の強さを発揮してリーグ優勝を飾ったシティをプレミアリーグ公式サイトが特集

     ペップ・グアルディオラ監督が率いるマンチェスター・シティはプレミアリーグ5試合を残して優勝を決めた。18連勝というリーグ記録を打ち立てるなど無類の強さを発揮するシティだが、残り試合ではさらに8つの記録更新の可能性を残しているという。プレミアリーグ公式サイトが特集している。

     まず一つ目は「最大勝ち点差での優勝」だ。現在、シティは2位マンチェスター・ユナイテッドと勝点13差がついている。これまでの記録は1999-2000シーズンのマンチェスター・ユナイテッドで、この時は2位に18ポイント差の優勝だった。

     さらに「獲得勝点」の記録更新も射程圏内と言っていいだろう。これまでの記録はジョゼ・モウリーニョ監督体制だったチェルシーが2004-05シーズンに残した「95」。シティは残り5試合の時点で「87」のため、あと3勝(2勝3分以上)で単独トップに躍り出る。

    「チーム総得点」と「最大得失点差」ではいずれも2009-10シーズンのチェルシーが打ち立てた記録にあと一歩と迫っている。当時のチェルシーが記録した総得点は103なのに対し、シティは現在93得点。その差は10点でペップ・シティは残り5試合で1試合2得点以上のペースが求められる。最大得失点差の記録は+71。シティは現在+68なので、順調に勝利を重ねれば塗り替える事が可能だ。


    個人記録では、アンリが持つ「最多アシスト」の記録更新なるか

     また、今季28勝(3分2敗)を挙げているシティは昨季のチェルシーが成し遂げたシーズン30勝の「最多勝利」記録更新も可能となる。その他には「アウェーゲーム最多勝利(15勝)」にあと1勝、「アウェーゲーム獲得勝点(48ポイント)」にあと4ポイントと迫っている。

     個人記録で言うと、ベルギー代表MFケビン・デ・ブライネがフランス代表のレジェンドであるFWティエリ・アンリの持つ「最多アシスト」記録の更新に挑む。現在15アシストデ・ブライネは2002-03シーズンから15年間も破られていないアンリの20アシスト超えを目指す。

     グアルディオラ監督率いるシティはさらなる記録で歴史に名を刻むことができるだろうか。


    (Football ZONE web編集部)

    無類の強さで、プレミアを制したシティは、残り5試合で「8つの記録更新」に挑む【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】優勝飾ったプレミア最強のシティ、残り5試合で挑む「8つの記録更新」とは?】の続きを読む

    このページのトップヘ