Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title

    ヨーロッパスーパーリーグに参加を表明したプレミアリーグの6クラブに対して、エバートンが怒りの声明を発表した。クラブ公式サイトが伝えた。

    18日、ヨーロッパの12のクラブが一斉に参加を表明したヨーロッパスーパーリーグ構想。しかし、これには多くの反発が寄せられ、国際サッカー連盟(FIFA)や欧州サッカー連盟(UEFA)が反対意見を発表していた。

    選手やOB、監督、そしてファンサポーターからも多くの反対意見が出る中、レアル・マドリーの会長でもあるフロレンティーノ・ペレス会長はその意義を訴えていた。

    プレミアリーグからはマンチェスター・シティマンチェスター・ユナイテッドチェルシーアーセナルトッテナム、そしてリバプールが参戦を表明していたが、各クラブサポーターも大反対。スタジアムでバナーを掲げるなど抗議を行った。

    そのチームと切磋琢磨してきたエバートンは、この発表を受けて声明を発表。6クラブを批判するとともに、撤回して欲しいと願った。

    エバートンは、6つのクラブによって進められている独立したリーグの提案を知り、悲しく、落胆している」

    「6つのクラブは、完全に自分たちの利益のために動いている」

    「6つのクラブは、我々のリーグと試合の評判を落としている」

    「6つのクラブは、プレミアリーグテーブルを囲んでいる他の全てのクラブを軽視することを選択した」

    「6つのクラブは、国内および海外の大多数のサッカーサポーターを当然のこととし、裏切っている」

    「国内、および国際的にも危機に瀕しているこの時期、我々のゲームが決定的な時期に、各クラブは我々の試合とそのサポーターの理想を最優先し、協力して連携する必要がある」

    「それにも関わらず、これらのクラブは自分たちのために役に立っていたサッカーピラミッドから、抜け出そうと密かに共謀している」

    「そのピラミッドの中で、エバートンは、レスター・シティ、アクリントン・スタンレー、ジリンガム、リンカーン・シティ、モアカム、サウスエンド・ユナイテッド、ノッツ・カウンティなど、歴史のなかで、その存在自体がサポーターの生活を豊かにしてきた全てのクラブに敬意を表する。その逆もまた然りだ」

    「自称スーパー6は、我々が愛してやまない試合を支えている構造そのものを脅かすことで、自分たちを含むゲーム全体でサポーターの権利を奪おうとしているように見える」

    「その反発は理解でき、当然のことであり、耳を傾けなければならない」

    「このようなとんでもない傲慢さは、この計画を立案したクラブ以外の、サッカー界のどこにも求められていない」

    「我々は、エバートンに関わる全ての人々を代表し、この提案が直ちに撤回されること、そして、我々の美しいゲームを信頼性という点でおそらく過去最低の位置にまで貶めてきた私的な会合や破壊的な行為が終了することを、謹んで願いたい」

    「最後に、6つのクラブオーナー、会長、役員の方々は、クラブの管理者としてだけでなく、試合の管理者としての特権的な立場を忘れないでもらう。彼らが負う責任は真剣に受け止められるべきだ」

    「我々は、彼ら全員に、彼らがどのような遺産を残したいのかをを考えるように促していく」

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】「悲しく、落胆している」エバートンが欧州スーパーリーグ参戦表明の6クラブに失望し批判「自称スーパー6」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


     レアル・マドリードのフロレンティーノ・ペレス会長が、ユヴェントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの獲得を否定した。20日、スペイン紙『アス』が伝えた。

     現在36歳のC・ロナウド2009年夏から2018年夏までレアル・マドリードプレー。公式戦通算438試合の出場で450ゴールを記録し、2度のリーグ優勝や4度のチャンピオンズリーグ(CL)優勝など数々のタイトル獲得に貢献した。しかし、今季のユヴェントスが不振に陥っていることを受け、一部でレアル・マドリードに復帰する可能性も報じられている。

     物議を醸す欧州スーパーリーグ(ESL)の初代会長に就任したペレス会長は20日、スペインのTV番組『El Chiringuito TV』に出演。そのなかで、C・ロナウドが復帰する可能性について問われると、「ノー。彼はユヴェントスとの契約が残っている。彼が戻ってきても意味がない」と否定した。一方で同選手に向けては、「私は彼をとても愛している。彼は私たちに多くのものを与えてくれた」と賛辞を送った。

     また、ペレス会長は、主将であるスペイン代表DFセルヒオ・ラモスの去就にも言及。同選手の契約は2021年6月30日で満了を迎えるが、サラリーや契約年数をめぐって対立が続き、交渉は難航が続いている。

    「私も彼をとても愛しているが、私たちはとても悪い状況にある。現実的に考えなければならない。ラモスと延長しないとは言っていない。まずは今シーズンが終わってから、来シーズンがどうなるかを考えている。多くの選手と話をしているが、多くの選手が自主的に減俸に応じており、すでに賃金をカットしている者もいる。すなわち、(レンタルで)去っていった2人、ルカ・ヨヴィッチとマルティン・ウーデゴーアだ。昨年、ラモスは減俸を受け入れた。今年は彼の状況が違うから…(どうなるかは分からない)」

     ペレス会長に対しては、獲得が噂されるパリ・サンジェルマンフランス代表FWキリアン・エンバペに関する質問も。同会長は、「事実、彼はとても良い選手だ。マドリーには変化が必要だが、エンバペのことではないよ。もう何年も彼とは話していないと断言できる。私が知っているのは新聞で読んだことだけだ」と答え、獲得に動いていることを否定した。

    ペレス会長(左)がC・ロナウド(右)に言及(写真は2017年) [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】レアル会長がC・ロナウドの復帰を否定…S・ラモスとの契約交渉は「とても悪い状況」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


     国際サッカー連盟FIFA)のジャンニ・インファンティーノ会長が、欧州スーパーリーグ(ESL)の創設に懸念を示した。20日、イギリス紙『インディペンデント』が伝えた。

     レアル・マドリードプレミアリーグの“ビッグ6”など欧州の12のビッグクラブは18日、既存のチャンピオンズリーグ(CL)に対抗する形で、ESL創設を表明した。これに対し、CLなど欧州の大会を主催するUEFA欧州サッカー連盟)や各国連盟、構想不参加のクラブは猛反発。また、現役選手からも次々と批判の声が上がっている。

     そんななか、インファンティーノ会長は20日、欧州サッカー連盟UEFA)のコングレスで演説を実施。ESLを強く非難し、UEFAと協力して阻止することをアピールした。

    「明確に申し上げると、FIFA価値観の上に成り立っている組織です。価値観とは、スポーツの真の価値観です。FIFAとしては、スーパーリーグの創設には強く反対するしかありません。閉鎖的で、既存の枠組みから脱却した、制度から外れている大会です。FIFAが承認しないことについては、何の疑いもありません」

    「目先の金銭的な利益のために、捨ててしまうものがたくさんあります。(ESLに参加する)人々は慎重に考える必要があり、反省し、責任を負わなければなりません。株主のことだけではなく、すべての人々のことを考えなければなりません。すべてのファンのことを。今日の欧州サッカーを創り上げたすべての人々のことを。それは何十年も、100年以上も前のことです。愛と情熱と献身を持った人々がこのすべてを作り上げてきました。私たちはこれを守らなければなりません。欧州のサッカーモデルを守り、クラブナショナルチームを守ることは、FIFA会長である私の任務であり、UEFAの皆さんの任務でもあります」

    インファンティーノ会長がESLを非難(写真は昨年12月) [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】FIFA会長が欧州スーパーリーグを批判「目先の金銭的な利益のために…」】の続きを読む

    このページのトップヘ