Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。



    (出典 www.chunichi.co.jp)



    フランスの5大会ぶり2度目の優勝で幕を閉じたFIFAワールドカップロシア大会。

    大会前の下馬評を覆す進撃を見せた日本の活躍や、世界中で議論の的となったVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の導入など何かと話題を集めた今大会ですが、やはり中でも一大ブームとなったのが「#NeymarChallenge(ネイマールチャレンジ)」です。

    「ネイマールチャレンジ」とは

    接触プレー後に過剰に痛がってのたうち回る姿が注目を集めたブラジル代表のFWネイマール選手。イギリスメディアの『ザ・サン』が、「今大会で合計14分間もピッチ上に寝転がっていた」と報じるなど、世界中のサッカーファン・サポーターから批判を受けていました。

    ネット上では、そんな過剰な演技(?)を真似する人が続出。子どもから大人まで「ネイマール!」の掛け声にあわせて転倒し、痛がる姿を撮影した動画が「#NeymarChallenge」のハッシュタグと共に数多く投稿されています。

    【関連記事】ハッシュタグ「#NeymarChallenge(ネイマールチャレンジ)」が世界で大流行中
    http://getnews.jp/archives/2059633

    まさかの本人登場

    大会も終わりほとぼりが冷めようかという頃、この「ネイマールチャレンジ」にまさかの本人が参戦。『FOX Sports Brasil』の公式『Twitter』アカウント(@FoxSportsBrasil)が「ネイマールが流行に乗った」と1本の動画を紹介しました。


    動画に映っているのは、笑顔で自撮りするネイマールと、その後ろに少年・少女たちが10人以上。ネイマールが「1、2、3! 蹴られた! ファールだ!」と呼びかけると彼らは一斉にしゃがみ込み、ネイマールの笑顔がはじける何とも微笑ましい映像です。ネイマールに対する揶揄から始まったはずの「ネイマールチャレンジ」ですが、このサービス精神たるや!

    とはいえ、当然ながらネット上では「世界一厳しいサポーター」たちも目を光らせており……。ツイートのリプライ欄には好意的なコメントも見られる一方、「ネイマールには失望した」「馬鹿げている」「もううんざりだ」といった批判も集めている次第です。

    ※画像は『Twitter』(@FoxSportsBrasil)より引用

    ―― 面白い未来、探求メディア 『ガジェット通信(GetNews)』


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【衝撃】メンタル強すぎ! ネイマール本人の「ネイマールチャレンジ」が愛さずにはいられない件…】の続きを読む



    (出典 www.tokyoheadline.com)



     7月末で退任するサッカー日本代表の西野朗監督が19日、東京都内で報道陣の取材に応じた。西野監督はこれから2022年ワールドカップ(W杯)カタール大会を目指す次世代の日本代表について「ベスト8を明確な目標にできる。間違いなく下の世代はタレントが多く、明るい」と期待した。

    この記事をもっと詳しく読むにはこちら



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【日本代表】西野監督、8強の夢託す…】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



    1 動物園φ ★ :2018/07/19(木) 14:05:44.14 ID:CAP_USER9.net

    Goal

    日本と同じグループHで、まさかの最下位に終わったポーランド…。

    ポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキはロシア・ワールドカップが失意に溢れたものとなったことを認めている。ポーランド『Przegl?d Sportowy』が報じた。

    ポーランドはポット1としてグループHで、コロンビア、セネガル、日本と同居した。エースのレヴァンドフスキには高い期待がかかっていが、1ゴールも挙げることはできず。ポーランドもまさかの最下位に終わり、グループリーグ敗退となった。レヴァンドフスキはW杯後には大きなショックを受けていたという。

    「眠れない夜が続いたよ。何が間違っていたのか考えていた。今回がいつかの成功のためになると信じている」

    「とても傷ついたし、まだ消化できていない。大きな野心があったが、現実は夢とは全く異なっていた。胸が痛いよ。責任を感じている」

    また、キャプテンだったからこそ、ワールドカップでの戦いが重荷になったのか、という考え方には「全く気にしていなかった。全員とコンタクトを取るようにしていたよ。若い選手たちともね」と答えている。

    大会前から大会中まで、レヴァンドフスキの周りには常に移籍のうわさが渦巻いた。しかし、そういった憶測が影響したとは考えていないようだ。

    「僕の移籍話は常に起きてきたことだから、全く考えていなかった。レフ・ポズナンからドルトムントへ移籍する時、ドルトムントからバイエルンへ行く時もそうだった。こういった状況にどう対処するべきかはもう学んでいる」

    http://www.goal.com/jp/%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B9/%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89%E3%81%AE%E3%82%A8%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%AC%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%95%E3%82%B9%E3%82%AD%E5%A4%B1%E6%84%8F%E3%81%AEw%E6%9D%AF%E3%81%AB%E7%9C%A0%E3%82%8C%E3%81%AA%E3%81%84%E5%A4%9C%E3%81%8C%E7%B6%9A%E3%81%84%E3%81%9F/hl3hly9chpfx1hsro3yzcgs42


    【【W杯】レバンドフスキ、失意のW杯に「眠れない夜が続いた。胸が痛い」】の続きを読む

    このページのトップヘ