Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。



    (出典 f.image.geki.jp)



    セットプレーから打点の高いヘディンシュートを被弾するなど4失点の大敗

     森保一監督率いる日本代表は、現地時間17日に行われたコパ・アメリカ南米選手権グループリーグ初戦のチリ戦で0-4と大敗を喫した。序盤は大会王者相手に互角に近い戦いを見せていたなか、前半にセットプレーから先制点を献上。地力の差を見せつけられた後半には3失点を喫して黒星スタートとなったが、DF植田直通(セルクル・ブルージュ)は「見えないちょっとした差がここまで開く」と悔しさを滲ませた。

     今大会の日本は東京五輪世代の若手を中心にメンバーを組み、チリ戦では“大学生A代表”のFW上田綺世(法政大)らスタメン6人が代表デビュー。一方のチリはMFアルトゥーロ・ビダル(バルセロナ)やFWアレクシス・サンチェスマンチェスター・ユナイテッド)らが先発するなど、本気モードで襲いかかってきた。

     序盤は互角に近い攻防を繰り広げたが、同41分にCKからMFエリック・プルガル(ボローニャ)に先制ゴールを献上。失点の場面、植田はビダルを背負い中央へ入れさせないようにしていたなか、目の前に飛んできたボールに対してジャンプを試みたが、プルガルのマーク役だったMF中山雄太(PECズヴォレ)と重なるような形になり、打点の高いヘディンシュートを許してしまった。

     さらに、後半に入ると徐々に地力の差がピッチ上に反映され、FWエドゥアルド・バルガス(UANLティグレス)に2得点、FWサンチェスに1得点を許し、0-4の大敗を喫した。

    「僕は勝てたと思う試合ほど、見えないところに差があるんじゃないかなと」

     植田はセットプレーで失った先制点を、「相手があの位置にいれば僕らがああなるのは必然。ボールに行っても良かったという思いもあるので、自分のマークだけでなく味方を助ける強さも必要かなと」と反省しつつ、大会王者チリに敗れた悔しさを滲ませる。

    「試合をやって自分たちがやれるという思いが強い。自分も試合が終わって、この相手に負けてしまったことが悔しい。僕は勝てたと思う試合ほど、口で表すのは難しいけど、見えないところに差があるんじゃないかなと。そのちょっとした差がここまで開くんじゃないかと思います。(得意の)空中戦で負けてしまう部分もあったので、全勝できるくらいにしていきたい」

     チリ戦前には「僕がもっとチームを引っ張っていきたいという思いもある」と、ディフェンスリーダーとしての自覚を覗かせていた植田。FWルイス・スアレスバルセロナ)、FWエディンソン・カバーニパリ・サンジェルマン)と世界トップクラスストライカーを擁するウルグアイ相手にどこまで渡り合えるか、チリ戦の悔しさを胸に次戦のウルグアイ戦で意地を見せたい。(Football ZONE web編集部・小田智史 / Tomofumi Oda

    日本代表DF植田直通【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【日本代表】「見えない差がここまで開く」 植田直通、コパ王者チリとの一戦で感じた“世界との壁”】の続きを読む



    (出典 www.zakzak.co.jp)



    途中出場したチリ戦に大敗 背番号18について「考える余裕もなく」戦っていたと告白

     森保一監督率いる日本代表は、現地時間17日に行われたコパ・アメリカ南米選手権)のグループリーグ初戦でFIFAランキング16位のチリ代表に0-4と大敗を喫した。後半途中から出場したベテランのFW岡崎慎司レスター)は、「日本代表では苦い思い出のほうが多い」と“雑草魂”で這い上がってきた自身の生き様に現状を重ね合わせた。

     東京五輪世代18人という若いメンバーで挑んだ今大会、森保監督はスタメンにA代表デビューの6人を起用。4-2-3-1システムを採用したなか、1トップには“大学生A代表”のFW上田綺世(法政大)が入った。

     日本はセットプレーから失点した3分後の前半44分、MF柴崎岳(ヘタフェ)のスルーパスに抜け出した上田が相手GKをかわして決定機を迎えたが、最終的にシュートは枠外へ。後半も12分のダイレクトボレーを含めて3度のチャンスを逃してしまった。

     岡崎は0-2で迎えた後半34分に上田に代わって1トップへ。しかし、チリの猛攻で守備に追われ、チャンスを作る前に後半37分、38分と立て続けに失点。攻撃でボールを持つ機会もほとんどないまま、0-4でタイムアップを迎えた。

     試合後、キリンチャレンジカップでは着る機会のなかった「18番」について問われた岡崎は、「そんなことも考える余裕もなく、2点入ってしまったので取り返さなきゃと」と胸中を吐露。それほど実際にピッチに立っていた選手たちは、コパ・アメリカ王者のチリに追い込まれていた。

     しかし、わずか中2日で20日にウルグアイ戦が控えており、肩を落としている暇はない。岡崎もチリ戦翌日、「まあ、日本代表では苦い思い出のほうが僕は多いので」と、日本代表ストライカーに長年君臨してきた原動力について改めて口にした。

    「やり切れない思いをどれだけ残さないか。まだ自分も(その領域に)到達していない」

    「やっぱりワールドカップベスト16で負けている部分もあるし、ブラジルワールドカップなんか特に(悔しさを)感じた部分。その時にいつも思うことは、どこかでやり切れていないと思う自分がいるから頑張れる。大会において、やり切れない思いをどれだけ残さないか。それはいつも自分に課していることで、まだ自分も(その領域に)到達していない。正解が何か探している段階ですね」

     上田やFW前田大然(松本山雅FC)ら若手の台頭があるなか、33歳となった岡崎はチームの成長とともに、自身もさらなる高みを目指し続けている。

    「もし正解があったとしたら、ワールドカップベスト8だったり未知のステージに行けている。ここにいるヤツらもみんなオリンピックで優勝したいと思っている選手たちだし、日本がまだ手にしていないものを手にしたいわけじゃないですか。僕もそれは思っているし、そのためには自分たちがやってきたことを超えないといけない」

     日本歴代3位のA代表通算50得点を誇るストライカーは、“新たな自分”を探して走り続ける。(Football ZONE web編集部・小田智史 / Tomofumi Oda

    岡崎はチームの成長とともに、自身もさらなる高みを目指し続けている【写真:Football ZONE web】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【日本代表】「苦い思い出のほうが多い」 “雑草魂”の岡崎慎司、日本代表で探し続ける“正解”とは?】の続きを読む

    no title


    パリ・サンジェルマン(PSG)がイタリア代表MFニコロ・バレッラ(22)の獲得に興味を示しているようだ。フランス『レキップ』が伝えている。

    カリアリ生え抜きのバレッラは、172cmと上背はないものの、高水準のパス精度にパンチ力のあるミドルシュートも兼備しているボックス・トゥ・ボックスタイプの万能型MF。インテルに在籍する元ベルギー代表MFラジャ・ナインゴランを彷彿させるイタリア代表MFは、今シーズンの公式戦38試合で1ゴール4アシストを記録した。

    そんなバレッラに強い関心を示しているというインテルPSGが横槍。最近スポーツディレクター(SD)に復任したレオナルド氏が、イタリアからのパイプを駆使してバレッラ獲得を考えているようだ。同氏は過去にペスカーラからイタリア代表MFマルコ・ヴェッラッティを1100万ユーロ(現在のレートで約13億3000万円)で引き抜いた実績を持っている。

    なお、バレッラの移籍金は4000万ユーロ5000万ユーロ(約48億5000万円~約60億6000万円)になると複数のイタリアメディアは推測している。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】PSG、バレッラ獲得関心のインテルに横やりか】の続きを読む

    このページのトップヘ