Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。



    (出典 www.sanspo.com)



    契約満了となるブラジル代表DFフィリペ・ルイス アトレチコ残留が第一希望も…

     リーガ・エスパニョーラで2位のアトレチコ・マドリードに所属するブラジル代表DFフィリペ・ルイスは、6月に現行の契約が満了を迎える。移籍金ゼロで他クラブへ移ることが可能になるため、欧州トップレベルクラブがこの33歳の左サイドバックに関心を示しており、英紙「ザ・サン」はスペインバルセロナドイツドルトムントが動向を追いかけていると報じている。

     ドルトムントがフィリペ・ルイスを狙っているという報道が出た発端は、ドイツ紙「ビルト」だった。その後、スペイン代表DFジョルディ・アルババックアッパーを確保したいバルセロナも獲得に乗り出したという。

     フィリペ・ルイス2014-15シーズンチェルシーに所属するも、思うように試合に出場できない難しい時期を過ごした。当時のジョゼ・モウリーニョ監督は、スペイン代表DFセサル・アスピリクエタを左サイドバックで起用することを好んだからだ。そして結局、1シーズンで古巣アトレチコに戻ることになっている。

     再びディエゴ・シメオネ監督の下でプレーすることになったフィリペ・ルイスは、攻守にわたるハードワーク指揮官サッカーを体現。契約に関しては「僕の最優先はアトレチコとの契約延長だ」と語るも、「でも、オファーに対してはオープンだよ」と、より多くの選択肢から将来を決めることをほのめかしている。

     イングランド代表MFジェイドン・サンチョら、主力の放出が囁かれるドルトムントへ行くことになるのか。それとも他の新天地を選ぶのか、その動向が注目される。(Football ZONE web編集部)

    アトレチコ・マドリードDFフィリペ・ルイス【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】今夏“移籍金ゼロ”のアトレチコDF バルサとドルトムントが争奪戦を展開か】の続きを読む



    (出典 img.footballchannel.jp)



    マンチェスター・ユナイテッドに所属するスペイン代表GKダビド・デ・ヘアが衝撃的な惨敗劇を受け、キャプテンを務めた身としてファンに謝罪した。

    ユナテッドは21日、敵地で行われたプレミアリーグ第35節でエバートンと激突。13分に先制を許すと、トップ4争いで優位に立つどころか、終わってみれば0-4の大惨敗劇を演じた。

    この試合にキャプテンマークを巻いて先発したデ・ヘア。この大惨敗劇後、自身のツイッター(@D_DeGea)を通じて、ファンに対して次のようなメッセージを投じた。

    キャプテンとして、話したい。今日のチームパフォーマンス、結果はこのユニフォームを着たときに求められる水準じゃなかった」

    「誰もが改善しなければならないことを理解している。でも、言葉だけじゃ何の意味もなさない。クラブに全てを捧げないといけない」

    「無条件のサポートありがとう

    6位のユナイテッドは24日にホームで行われる延期分の第31節で宿敵マンチェスター・シティと激突。続く24日の第36節でトップ4争いのライバルであるチェルシーホームに迎え撃つ。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】デ・ヘア、キャプテンマークを巻いて4失点大敗…ファンに謝罪】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



    レアル・マドリーブラジル代表DFマルセロ(30)が今夏の退団を否定した。スペインマルカ』が伝えている。

    2022年までマドリーとの契約を残しているマルセロ。サンティアゴ・ソラーリ前監督の下ではDFセルヒオ・レギロンにポジションを奪われ、ベンチを温める日々が続いていた。

    こうしたことからユベントス移籍が盛んに報じられ、一時は個人合意したという報道も…。だが、3月中旬にジネディーヌ・ジダン監督が復任すると、スタメンに返り咲き、出場停止を除く5試合に出場している。さらに直近2試合ではDFセルヒオ・ラモスの欠場でキャプテンマークも巻いている。

    そうした中で、マルセロは、21日に行われたリーガエスパニョーラ第33節のビルバオ戦後、イギリス『BeIn Sports』で、マドリーでの充実ぶりを強調した。

    「僕が退団するかって? 僕がこのユニフォームを着るとき、誰もが僕が見せる喜びを知っているはずだから、話す必要はないよ」

    レアル・マドリーは僕の家だ。このユニフォームのために汗をかき、世界のトップキープしなければいけない。プレーできていなかったときも、チームメイトサポートしなかったことは一度もないよ」

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】マルセロ、マドリー残留を強調 「マドリーは僕の家」】の続きを読む

    このページのトップヘ