Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 image.news.livedoor.com)



    ザルツブルク時代のヘッドコーチと南野のやりとりに注目「“良い友達”と一緒に働けているようだ」

     日本代表MF南野拓実は今年1月にリバプールへと移籍した。トッププレーヤーがひしめくビッグクラブで厳しいポジション争いに参加しているが、英メディアザルツブルク時代のヘッドコーチの“近況報告”に注目し、「南野には友達ができたと語っている」と取り上げている。

     2015年セレッソ大阪からザルツブルグに移籍した南野は、6年半にわたり主力としてプレー。昨年10月2日UEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第2節のリバプール戦(3-4)では豪快なボレー弾を叩き込み、1ゴール1アシストインパクトを残した。

     アンフィールドでの活躍もあり、今年1月にリバプール挑戦を勝ち取った南野だが、公式戦7試合出場でノーゴールノーアシストと結果を残せていない。さらに、新型コロナウイルスの影響でリーグは中断し、プレミアリーグに適応するうえで難しい時期を過ごしている。

     そんななか、英紙「デイリーミラー」は今季約半年間ザルツブルクで指導にあたったジョゼマーシュヘッドコーチと南野の関係に脚光を当てており、「日本代表の南野と今でもテキストメッセージで連絡を取り合っている」と伝えている。

     記事では「どうやら南野はリバプールで幸せを感じており、“良い友達”と一緒に働けているようだ」と取り上げており、「マーシュは南野をあまりにも安く売却しすぎて間違えたと考えていたが、今となってはそうではなく、南野は幸せで、南野には友達ができたと報告している」と説明している。

     英語の習得に苦戦していると取り沙汰されていた南野だが、かつてザルツブルクに在籍していたセネガル代表FWサディオ・マネやギニア代表MFナビ・ケイタのサポートに感謝の弁を述べるなど、チームメートとの関係は良好のようだ。(Football ZONE web編集部)

    ザルツブルク時代の南野拓実【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】「南野には友達ができた」 ザルツブルク恩師の“近況報告”に英紙注目「リバプールで幸せ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    レオナルド・ボヌッチ 写真提供: Gettyimages

     イタリア政府は6月20日からのセリエAの再開を承認した。28日、イタリア紙『カルチョメルカート』が報じている。

      新型コロナウイルスの影響により3月から中断を余儀なくされていたセリエA。今月からはシーズン再開に向け各クラブトレーニングを再開。今週にはグループでのトレーニングも行っていた。

     イタリアサッカー連盟(FIGC)は28日にシーズン再開に向けて政府と会議を行った。その結果、セリエA6月20日からの再開。それに先駆けコッパ・イタリア準決勝ユベントスミランインテルナポリセカンドレグを13日、14日に行い、決勝戦を17日に開催するようだ。

     イタリアスポーツ相のビンチェンツォ・スパダフォーラ氏は「すべてのFIGCスタッフと合意に達した」とコメントしている。




    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【セリエA】6月20日に再開が正式決定!13日にはコッパ・イタリア、ユーベ対ミラン開催!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 f.image.geki.jp)



    練習でメッシが披露したプレーに海外注目 「あらゆることを自分だけで成し遂げる圧倒的な存在だった」

     新型コロナウイルスの影響でリーガ・エスパニョーラは中断していたが、各クラブが活動を再開し始め、バルセロナも練習をスタートしている。そんななか、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシが同僚にお見舞いした強烈タックルからゴールを奪うまでのプレーに対する反響が拡散している。

     バルセロナは今季リーグ戦で首位を走り、3連覇に向けて視界良好だったなか、新型コロナウイルスの感染拡大によりリーグ戦は中断。約2カ月にわたって休止状態にあったが再始動しており、スペースを確保した個別練習から全体練習へと移行している段階にある。

     そんななか、バルセロナ公式インスタグラムは練習風景を動画で投稿。ミニゲームで敵チームの20歳MFリキ・プッチを相手がドリブルで突破を計った際、メッシは背後から強烈なスライディンタックルを敢行してボール奪取した。そのままドリブルで侵入し、仲間との素早い連携から最終的にメッシ自らがネットを揺らしてみせた。

     メッシが披露した圧巻のパフォーマンスは世界で反響が拡散している。英メディア「The 18」は「メッシメッシたらしめることをしている」と見出しを打ち、「直近のトレーニングメッシはあらゆることを自分だけで成し遂げる圧倒的な存在だった。開いた口が塞がらないパフォーマンスは、サッカーの再開よりも準備が整っていることを証明した」と説明している。

     また、バルセロナ専門メディアFCBN」は「バルサトレーニングで自分だけで何でもできる強烈なプレーを完遂した」と取り上げており、「メッシは飢えており、トレーニングで血気盛んであることを示した」と指摘している。ボール奪取の守備からゴールを奪う攻撃まで、たったワンプレーで全てを自分で行う絶好調ぶりを見せつけていた。(Football ZONE web編集部)

    バルセロナFWメッシの練習風景に注目【写真:AP】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】「血気盛ん」 絶好調メッシの” 強烈タックル→ゴール”に反響拡大「開いた口が塞がらない」】の続きを読む

    このページのトップヘ