Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 www.football-zone.net)



    コナミが“マドリードの久保”に関心「ビデオゲームの表紙にするのを夢見る」

     日本代表MF久保建英は、現地時間10日にビジャレアルへのレンタル移籍が正式決定した。2020-21シーズンは保有権を持つレアル・マドリードプレーすることはなくなったが、レアル専門メディアによれば、近い将来に久保をゲームジャケット写真に起用するプランがあるという。

    コナミ、マドリードの久保をビデオゲームの表紙にするのを夢見る」

     このように見出しを打って取り上げたのは、レアル・マドリードの専門メディア「Defensa Central」だった。

     2019年夏にFC東京からレアルへ完全移籍した久保は、開幕直後にマジョルカへ期限付き移籍。リーグ戦35試合4ゴール4アシストマークして存在感を放った。2020-21シーズンは保有権を持つレアルでのプレーは叶わなかったが、今季リーガ・エスパニョーラ5位に入り、UEFAヨーロッパリーグ出場権を持つ強豪ビジャレアルへのレンタルが決まった。

     記事によれば、コナミが「レアル・マドリードパートナーに、久保を表紙で最高のスターとして扱うのを熱望している」という。

    コナミ? それともEAスポーツ? どっちのフランチャイズが主導権を握る? FIFAかプロ・レボリューションサッカー? それは世界中のすべてのeスポーツファンの議論になっている。マドリードは現状、年ごとに方針を変えている。レアル・マドリードは公式パートナーにまでなって、クリスティアーノ・ロナウドが表紙に登場した。2012年2013年がそうだった。サンティアゴ・ベルナべウ、ユニホームチャント……。すべてがコナミライセンスになっていた」

     一時はバルセロナ優勢の状態に変わったが、現在人気ゲームFIFAシリーズ2025年までレアルと提携を結んでいるという。

    コナミは地球中で最も成功を納めたチーム、そして愛国的な資産であるタケ・クボを抱えることを夢見ている。若き日本人クラックがすでに日本ではそうであるように世界的スター選手の中に割って入り、数年後にはプロ・レボリューションの表紙に現れる可能性があると見ている。PES 2026が出る頃にはクボが25歳になっているのだからどうなるのかは分からない。コナミではそうなれば何百万(ユーロ)の収入になり得ると計算しており、長い目で見てそのためにレアル・マドリードを次の加入者の一つにしたいと目指している」

     来たる新シーズン、久保がビジャレアルで確固たる結果を残せば、そのプランが実現するのも不思議はないかもしれない。
    Football ZONE web編集部)

    ビジャレアルへレンタル移籍した日本代表MF久保建英【写真:Yukihito Taguchi】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】久保建英、将来的な“ゲームジャケット写真”起用をレアル専門メディアが示唆 「コナミは…」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 juventus-journal.com)



    スイス代表DFシュテファンリヒトシュタイナー(36)が12日、自身の公式SNSを通じて現役引退を発表した。

    グラスホッパー、リール、ラツィオを経て2011年ユベントスに加入したリヒトシュタイナー。右ウイングバックや右サイドバックとして長らく不動の地位を築き、在籍7シーズンで公式戦通算259試に出場し、7度のセリエA優勝など数々のタイトルに貢献した。

    しかし、晩年は思うように出場機会を得ることができず、2018年の夏にユベントスを退団しアーセナルへ加入。その翌年にはアウグスブルクへと完全移籍した。そのアウグスブルクではブンデスリーガ20試合に出場し1アシストを記録。クラブの1部残留に貢献したが、2019-20シーズン限りで契約満了を迎えていた。

    また、2006年デビューしたスイス代表では、歴代5位となる通算108試合に出場し8ゴール7アシストマーク。3度のワールドカップ(2010,2014,2018)、2度ユーロ(2008,2016)に出場した。

    リヒトシュタイナーは12日に自身のツイッター(@LichtsteinerSte)にメッセージ動画を投稿。その中で「僕は自分の将来について多くのことを考えており、サッカー選手としてのキャリアに終止符を打つことを決めた」と、現役引退を決断したことを明かした。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】リヒトシュタイナーが現役引退…ユベントスではセリエA7連覇に貢献】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 sport-japanese.com)



    通算8シーズンを過ごしたドルトムントを契約満了で退団、今夏にフリー移籍へ

     今季限りでドルトムントを退団する元ドイツ代表MFマリオ・ゲッツェに元イングランド代表MFデイビッド・ベッカム氏が共同オーナーを務める米1部インテル・マイアミが巨額オファーを提示したものの、同選手はこれを拒否したという。28歳のMFは欧州クラブに残ることを望んでいるようだ。英紙「デイリーメール」が報じている。

     ドルトムント下部組織出身のゲッツェ2009年に同クラブでプロデビューを飾り、ユルゲン・クロップ監督(現リバプール)の下で日本代表MF香川真司らとともに活躍。同クラブでは2010-11、11-12シーズンブンデスリーガ2連覇を経験している。その後、バイエルン・ミュンヘンでのプレーを経て、16年に復帰。今季限りで契約満了を迎え、プロとして通算8シーズンを過ごしたドルトムントからの退団が決まっている。

     フリーとなるゲッツェに対し、アプローチを仕掛けたのはアメリカ1部メジャーリーグサッカーMLS)のインテル・マイアミだという。同クラブは元イングランド代表MFベッカム氏が共同オーナーを務め、ゲッツェに年俸530万ポンド(約7億4000万円)の待遇を用意。これが実現すればMLSでは最高給取り選手の一人になっていたという。

     しかし、ゲッツェはこのオファーを拒否したようだ。記事によれば、ゲッツェはまだヨーロッパでやり残したことがあると感じており、欧州内のクラブに残ることを希望しているという。

     2014年にはドイツ代表としてブラジルワールドカップで優勝に貢献し、ドイツの英雄となったゲッツェ。28歳と老け込む年齢ではないだけに、まだヨーロッパから離れる選択肢は持っていないようだ。(Football ZONE web編集部)

    今季限りでドルトムント退団となるMFマリオ・ゲッツェ【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】元独代表ゲッツェ、MLSインテル・マイアミ行きを拒否 年俸7億提示も“欧州残留”希望】の続きを読む

    このページのトップヘ